top of page
  • 執筆者の写真H.T

カッシーナとル・コルビュジエの歴史と高品質な製品の魅力






今回の記事では、20世紀を代表する建築家、ル・コルビュジエの革新的なデザインと建築哲学に焦点を当てています。

彼の作品は、モダニズム建築の先駆けとして、多くの建築家やデザイナーに影響を与えてきました。

一方、カッシーナはその伝統的な職人技と最新の技術を融合させた製造技術で知られています。

この組み合わせにより、カッシーナとル・コルビュジエのコラボレーションは家具デザインの歴史において、金字塔とも言えるものとなりました。

カッシーナとル・コルビュジエの歴史と魅力を探ることで、その独特なデザインと機能性の背景を理解することができます。


カッシーナとル・コルビュジエの歴史



ル・コルビュジエとは


コルビュジエ(Le Corbusier)は、20世紀の建築と都市計画の分野で非常に影響力のある人物でした。

彼はスイス生まれのフランスの建築家、デザイナー、画家、都市計画家として知られています。

コルビュジエは、モダニズム建築の先駆者として、新しい建築技術と材料を取り入れ、機能的で合理的なデザインを追求しました。

彼の設計理念は、5つの原則に基づいています。

これには、柱による構造の支持、自由な間取り、長い水平な窓、自由な立面デザイン、屋上庭園が含まれています。

これらの原則は、彼の多くの作品、特にヴィラ・サヴォワなどで具体化されています。

また、彼は都市の機能分離の理念を提唱し、住宅、業務、交通、レクリエーションの各機能を明確に分離する都市計画を提案しました。

この考え方は、多くの都市計画や高層住宅の設計に影響を与えました。

コルビュジエはまた、家具デザインや絵画の分野でも多くの業績を残しており、彼の多才な才能と独自のビジョンは、20世紀の建築とデザインの歴史において重要な位置を占めています。


ル・コルビュジエのデザイン哲学


ル・コルビュジエは、20世紀の建築とデザイン界において、その革新的なアプローチで知られる巨匠として位置づけられています。

彼の家具デザインにおける哲学は、単なる機能的なアイテムとしての家具を超え、それを空間の一部として捉えるという独自の視点に基づいています。

彼の考える空間を構成する要素としての家具は、人間の生活や行動、そしてその心理に密接に関連しています。

例えば、彼の代表的な作品であるLCシリーズのソファや椅子は、人間の体の形状や動きを考慮して設計されており、それによって最高の快適さを追求しています。

これは、彼が人間中心のデザインを重視していたことを示しています。

また、彼の家具は、単に室内の一部として存在するだけでなく、その配置や形状によって空間全体の雰囲気や機能性を大きく変える力を持っています。

このようなデザイン哲学は、彼の建築作品にも共通しており、建物の内部空間だけでなく、その周辺環境との関係性も考慮して設計されています。


彼の有名な言葉に「住宅は住むための機械である」というものがあります。


この言葉の真意は定かではありませんが、一見すると、機械と言う表現からは無機質な印象すら感じます。


しかし、彼の人間中心のデザイン哲学からすれば、使う人にとっての機能性や快適性を重視していたはずだと感じます。

ル・コルビュジエの家具デザイン哲学は、家具と空間、そして人間との関係性を深く考察するものであり、その考え方は現代のデザイン界にも多大な影響を与えています。


カッシーナとル・コルビュジエの出会い


カッシーナとル・コルビュジエの協力関係は、20世紀の家具デザイン界において、画期的な出来事として位置づけられています。

当時、カッシーナはイタリアを代表する家具メーカーとしての地位を築いていましたが、ル・コルビュジエとのコラボレーションによって、その評価はさらに高まりました。

ル・コルビュジエは、モダンアーキテクチャの巨匠として知られ、彼のデザイン哲学は機能主義を基盤としています。

彼は家具も建築と同じように、人間の生活をより快適にするための機能的な美を追求していました。

この哲学と、カッシーナの緻密な技術や職人技が融合することで、数々の名作家具が生まれました。

例えば、LCシリーズとして知られるソファや椅子は、このコラボレーションの成果として今日まで多くの人々に愛されています。

これらの家具は、シンプルながらも洗練されたデザインと、高い機能性を持ち合わせており、現代のインテリアデザインにおいてもその影響を色濃く残しています。

このような背景を持つカッシーナとル・コルビュジエの出会いは、家具デザインの歴史において、新しい時代を切り開くきっかけとなりました。

その後も、この二者のコラボレーションは続き、現在に至るまでその価値は増しています。


カッシーナの技術とル・コルビュジエのデザイン哲学の融合



カッシーナとル・コルビュジエのコラボレーションは、家具デザインの歴史において金字塔とも言えるものです。

カッシーナは、その伝統的な職人技と最新の技術を融合させた製造技術で知られ、それがル・コルビュジエの革新的なデザインと結びつくことで、数々の名作が誕生しました。

ル・コルビュジエのデザインは、そのシンプルかつ機能的な形状が特徴であり、それを実現するためには、細部にわたる緻密な技術が求められます。

カッシーナの技術者たちは、彼のデザインコンセプトを理解し、それを具現化するための方法を研究し続けました。

例えば、彼の代表作であるLCシリーズのソファや椅子は、特定の角度や曲線を持つデザインが求められ、それを実現するために、カッシーナの技術者たちは多くの試作を繰り返しました。

また、ル・コルビュジエのデザインには、人間の体の動きや姿勢を考慮したエルゴノミクスが取り入れられています。

これを忠実に再現するために、カッシーナは、最高品質の素材選びや縫製技術を駆使しました。

このように、カッシーナの技術とル・コルビュジエのデザインは、まさに完璧なシナジーを生み出しており、その結果として生まれた家具は、今もなお世界中の多くの人々に愛され続けています。


日本にもあるル・コルビュジエの世界遺産登録の建築作品




ル・コルビュジエは、20世紀のモダンアーキテクチャを代表する建築家として、世界中にその足跡を残しています。

日本においても、彼の建築哲学は多大な影響を与えており、その結果としていくつかの作品が日本の土地に建てられました。

中でも、東京都台東区に位置する国立西洋美術館は、ル・コルビュジエの手がけたものとして、日本国内で最も有名な作品の一つです。

この美術館は、彼の提唱する新しい建築の五原則を具現化した建築として、国内外からの注目を集めています。

具体的には、自由な平面構成、自由な立面構成、水平の長窓、屋上庭園、柱による浮遊する建築という五つの原則が取り入れられています。

2016年には、この国立西洋美術館を含むル・コルビュジエの17の建築作品が、世界遺産として登録されました。

これは、彼の建築が持つ普遍的な価値と、その革新性を世界が認めた結果です。

また、この美術館の存在は、日本の建築界におけるモダニズムの流れを示すものとしても非常に重要です。

日本独自の建築文化と、西洋のモダンアーキテクチャが融合したこの作品は、多くの建築家や研究者にとって学びの場となっています。

また、彼のデザイン哲学は、日本の建築家やデザイナーにも影響を与えています。

例えば、前川國男や坂倉準三など、彼に師事した日本の建築家たちは、ル・コルビュジエの理論やデザインを取り入れ、日本のモダンアーキテクチャの発展に寄与しました。

ル・コルビュジエは、日本の建築やデザインに深く深く根付いており、その影響は今も続いています。


ル・コルビュジエとカッシーナによる高品質な製品の魅力





ル・コルビュジエ作品の魅力とは



ル・コルビュジエは、20世紀を代表する近代建築理論家として知られるスイス生まれのフランス人建築家であり、彼の作品は急進的な建築、都市計画、そして家具の設計において独自の機能主義の理論に基づいています。

彼のデザインは1920年代以降、インターナショナル・スタイルの基礎として広く認知されています。

特に家具デザインにおいては、彼の従兄弟であり建築のパートナーであるピエール・ジャンヌレやシャルロット・ペリアンとの共同作業が多く、彼らが1928年にデザインした金属製の家具は、全世界での成功を収め、現在でも傑作として高く評価されています。

彼のデザイン哲学において、自然は中心的なテーマとして捉えられていました。

彼は、建築と都市主義における自然と人類のつながりを回復することを使命としていました。

彼が描き続けた代表的なモチーフの一つである「開いた手」は、あらゆるものを与え、そして受けとることを意味しており、調和の象徴として表現されています。

このモチーフは、彼が今回世界文化遺産に選ばれたインドのチャンディガールの紋章としても使用され、この街に調和を呼び覚まそうとしていました。

また、彼の作品においては、環境の重要性も強く意識されていました。

特に、カッシーナが製造権を持つ、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ぺリアンコレクションは、サステイナブルな素材への取り組みや、環境に配慮した製造プロセスを通じて、彼らの環境への思いやりを具体的に表現しています。

総じて、ル・コルビュジエの作品の魅力は、彼の独自の機能主義の理論、自然との調和を求める哲学、そして環境への深い配慮に根ざしています。

これらの要素が組み合わさることで、彼の作品は時代を超えて多くの人々に愛され続けています。



一般の家具とは一線を画す製造過程


ル・コルビュジエのソファは、20世紀のモダニズムデザインを代表する家具の一つとして、世界中の多くの家庭や施設で使用されています。

その背後には、彼の独自のデザイン哲学と、その製造過程における徹底したこだわりがあります。

このソファの製造過程は、一般的な家具製造とは一線を画しています。

まず、フレーム部分には、耐久性と美しさを兼ね備えた最高品質のステンレス鋼が使用されています。

このステンレス鋼は、特定のサイトによれば、特別な熱処理を受けており、通常のものよりも強度が高いとされています。

次に、クッション部分ですが、これはただのクッションとは異なり、人間の体の形状にフィットするように設計されています。

使用される素材も、長時間の使用にも耐えることができるよう、特別に選ばれています。

また、その縫製技術にも特別な技法が用いられており、一つ一つが職人の手作業によって仕上げられています。

このように、ル・コルビュジエのソファの製造過程は、その品質とデザインの高さを保つための多くの工程と技術が組み込まれています。

これにより、長年にわたってその美しさと快適さを保ち続けることができるのです。



コルビジェの正規品ソファが高価な理由





コルビジェのソファは、そのデザインと機能性から、家具の世界で非常に有名です。

しかし、その価格には、多くの背景と理由が存在します。


デザインの特徴


コルビジェは幾何学形態黄金比に魅了された建築家であり、彼の作品には幾何学の形の中に見出された美がデザインされています。

特に、ステンレスと本革という異種の素材の絶妙な組み合わせは、近代的で20世紀を代表する作品とも称されています。

このような独特のデザインは、他の家具とは一線を画すものとなっており、そのために高価格となる要因の一つです。


素材の質と製造プロセス


コルビジェソファのクッションの芯には3層構造のオリジナルのウレタンが使用されています。

最下層が一番硬く、層が上がるにつれて柔らかさに変化がつけられています。

さらに、ウレタンとレザーカバーの間には上質な羽毛がたっぷりと敷き詰められており、これにより腰や体への負担が軽減されています。

また、フレームには100%ステンレスが使用され、鏡面仕上げとなっています。

これらの高品質な素材と緻密な製造プロセスが、価格を高くする大きな要因となっています。


リプロダクト品との違い


コルビジェソファのデザインの意匠権は時間が経過し、無効となりました。

その結果、多くの家具メーカーが元のデザインを忠実に再現しつつもコストを抑えたリプロダクト品を販売しています。

しかし、リプロダクト品と正規品は、使用される素材や製造プロセスにおいて大きな違いがあります。

正規品は、オリジナルのデザインと品質を維持するために、より高品質な素材と製造プロセスが採用されています。


価格の正当性


正規品のコルビジェソファは非常に高額で、例えばLC2(3人掛けタイプ)のもので、100万円以上することも珍しくありません。

このような高価格設定がなされるのは、上記のような高品質な素材と製造プロセス、そして独特のデザインなどに起因しています。

価格が高いと感じるかもしれませんが、その品質とデザインを考慮すれば、十分に納得できるものとなっています。



ル・コルビュジエ作品の椅子の革新性





ル・コルビュジエの椅子は、その革新的なデザインと機能性で、20世紀の家具デザインの歴史に名を刻んでいます。

彼のデザイン哲学は、単に形状や見た目の美しさだけでなく、人間の体の動きや機能を深く考慮に入れたものでした。

その結果、彼が手がけた椅子は、ただの「座るもの」としてではなく、「人間の体を最も快適にサポートするもの」としてデザインされました。

この考え方は、当時の伝統的な家具デザインの常識を覆すものであり、多くのデザイナーや製造業者に大きな影響を与えました。

例えば、彼の代表作であるLC4 シェーズロングは、人間の体の曲線に合わせて設計されており、長時間の使用でも疲れにくいという特徴があります。

このようなデザインは、後の家具デザインにも影響を与え、現代においても多くのデザイナーが参考にしています。

また、彼のデザインする椅子は、使用される材料や製法にもこだわりがありました。

特に、革やステンレススチールなどの高品質な材料を使用することで、耐久性や快適さを追求しています。

これにより、彼の椅子は長く使用することができ、その価値は時間が経つにつれてさらに高まると言われています。



ル・コルビュジエ作品:その魅力を深掘り


LC2メゾン ラ・ロッシュ






出典:Cassina IXC


コルビジェのLC2は、20世紀のモダニズムデザインを代表する家具として、カッシーナとの協力のもとに誕生しました。

この名作の背後には、コルビジェの独特の哲学とカッシーナの高度な技術が融合しています。

デザインの哲学

コルビジェは、"家具は家の建築的な拡張"という哲学を持っており、LC2もその考え方が反映されています。

LC2のシンプルなデザインは、空間を邪魔しないように、そして空間と一体となるように設計されています。

その結果、どんなインテリアにも馴染む普遍的なデザインが生まれました。


座り心地と耐久性


LC2の座り心地の良さは、そのクッション構造に秘密があります。3層のウレタンフォームと上質な羽毛を使用することで、長時間の使用でも疲れにくい快適な座り心地を実現しています。

また、フレーム部分には高品質なステンレススチールを使用し、耐久性も抜群です。


コーディネートのポイント


LC2のデザインはシンプルでありながらも、その存在感は非常に強いものとなっています。

そのため、部屋のコーディネートには注意が必要です。特に、他の家具やアクセサリーとのバランスを取ることが重要となります。

例えば、シンプルなカラーのラグや、モダンな照明と組み合わせることで、LC2をより引き立てることができます。

以上のように、コルビジェのLC2は、そのデザインの哲学、快適な座り心地、そして耐久性の高さなど、多くの特徴が詰まっています。

その一方で、インテリアとのコーディネートには工夫が必要となりますが、正しく配置すれば、部屋の中心として存在感を放つことができるでしょう。


LC12 TABLE LA ROCHE(ターブル ラ ロッシュ テーブル)




出典:Cassina IXC



デザイナー


このテーブルは、有名な建築家・デザイナーのル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによってデザインされました。



特徴


このテーブルは1925年にラ・ロシュ邸のために制作されました。

木製またはガラス製の長方形のテーブルトップを持ち、支持要素と被支持要素の間の大胆な対比が強調されています。

テーブルのデザインは、部品の役割の逆転に由来する柔軟性と詩的価値を持っています。

テーブルトップの軽やかさは、その実際の重さとは対照的であり、基盤の安定性は微妙な視覚的なラインと対比しています。


構造


テーブルの基盤は、垂直な形状で幅を最小限に抑えた磨かれた鋼管でできており、水平なテーブルトップを支えています。

このデザインは、Le Corbusierが他の作品で探求していた次元の対立を表現しています。

フレームは鋼管で、磨かれたものや塗装された鋼でできています。テーブルトップは木製またはガラス製の長方形です。


LC4 シェーズロング



出典:Cassina IXC


コルビジェの椅子LC4、正式にはLC4 シェーズロングとして知られるこの作品は、コルビジェのデザイン哲学の精華が詰まった名作として広く認識されています。

この椅子は、シンプルながらも洗練されたデザインが特徴で、しなやかで艶のあるレザーを使用しています。

このレザーは、イタリア革メーカーのトップグレード革を厳選して使用されており、本革ならではの上質な素材感を堪能することができます。

また、見た目の美しさだけでなく、機能面も非常に優れており、角度を無段階で調節可能な設計となっています。

これにより、ユーザーは自身の好みや体調に合わせて、最も快適な姿勢を取ることができます。

さらに、素材の加工方法やカラーバリエーションも豊富に選択可能で、購入者の好みに合わせてカスタマイズすることができます。

このLC4 シェーズロングは、コルビジェの「人の体の大きさから建物や部屋、家具の寸法を決める」というモデュロールというデザイン思想が反映されています。

LC4 シェーズロングは、人間の体の曲線に合わせて設計されており、長時間の使用でも疲れにくいという特徴があります。

LC4は、人間の体に最もフィットする形としてデザインされており、その結果として生まれたこの独特な形状は、他の椅子とは一線を画する快適さを提供しています。

ただし、その独特なデザインから、部屋のコーディネートには注意が必要です。

特に、モダンなインテリアやシンプルな空間に配置することで、その美しさと機能性を最大限に引き出すことができるでしょう。



記事のまとめ





ル・コルビュジエは20世紀を代表する建築家として、その革新的なデザインと建築哲学で世界中に多大な影響を与えました。

彼の作品は、モダニズム建築の先駆けとして、多くの建築家やデザイナーにも影響を与えています。

彼の建築哲学は、「機能主義」や「新しい建築の5原則」など、当時の伝統的な建築の常識を覆すものでした。

これにより、彼の作品は、単なる建物としてではなく、人間の生活や社会に対する新しい提案として受け取られました。

ル・コルビュジエの作品は、フランス、スイス、ドイツ、ベルギー、アルゼンチン、インド、日本の7カ国に17の世界遺産として登録されています。

これらの世界遺産に登録された背景には、彼の建築が持つ普遍的な価値や、それぞれの作品が持つ歴史的・文化的背景が深く関係しています。

これらの作品を通じて、ル・コルビュジエの建築哲学やデザインの革新性を今後も多くの人々が学び、その価値を再評価していくことでしょう。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page