top of page
  • 執筆者の写真H.T

デセデ(de Sede)ブランド家具の歴史と魅力について深堀り

この記事では、デセデ(de Sede)が、どのようにして世界的な名声を獲得してきたのか、製品の特徴や魅力についてご紹介したいと思います。


記事を最後までご覧いただければ、デセデ家具の価値や魅力について理解を深めることができるはずです。


ぜひ、最後までご覧ください。



デセデ(de Sede)ブランド家具の歴史



出典:de Sede



デセデ(de Sede)とは?



デセデ(de Sede)は1965年、スイスで創立されました。


当初は馬の鞍を作る小さな工房としてスタートしましたが、その後、皮革製品の品質と職人の技術が高く評価され、急速に成長を遂げました。


デセデ(de Sede)の製品は、寒冷地で自然放牧された雄牛の厳選された皮革を使用し、余計な加工を施さずに革本来の模様やしわを活かした風合いと、柔らかな触感を特徴としています。


de Sedeは、革の品質への徹底したこだわりと、職人の手による精巧な仕上げにより、快適性を追求した製品を生み出しています。


これらの製品は、デザインの洗練さと高い操作性で知られ、他の追随を許さない独自の地位を築いています。


また、新進気鋭のデザイナーや巨匠デザイナーとのコラボレーションにも積極的で、その革新的なデザインは今もなお多くの人々を魅了し続けています。



デセデ(de Sede)製品の魅力と注意点



出典:de Sede



アームチェアの特徴



De Sedeのアームチェアは、その卓越した快適性と洗練されたスタイルで、世界中の高級家具愛好家から絶大な支持を受けています。


これらのアームチェアは、使用される革の品質に特に注目が集まっており、革の選定には非常に厳格な基準が設けられています。


例えば、使用される革は、ドイツやスイスの限られた地域で育った雄牛の中から選び抜かれたものだけが使用されます。


この革は、最大約5mmの厚さで、特有の柔軟性と耐久性を兼ね備えています。


なめし加工により、革本来の呼吸を保ちつつ、使うほどに手になじむ特性を持っています。


De Sedeのアームチェアの快適性は、長時間の使用にも耐えうる設計に基づいています。


座面のクッションは、体圧を均等に分散させるよう工夫されており、座ったときの感触は、まるで雲の上にいるかのような心地良さです。


また、背もたれとアームレストの角度は、人間工学に基づいて最適化されているため、長時間座っていても体への負担が少ない設計となっています。


洗練されたデザインに関しても、De Sedeのアームチェアは際立っています。


例えば、DS-51モデルは、その流線形のフォルムと精密なハンドステッチが特徴で、クラシックとモダンが融合したデザインが多くのインテリアデザイナーから高い評価を受けています。


価格帯については、これらのアームチェアはその品質とデザインを考慮すると、数十万円からと高価な部類に入りますが、その価値は十分に認識されています。


また、革の色や質感には個体差があるため、実際の製品を見て選ぶことが推奨されます。


De Sedeのアームチェアは、その快適性、スタイル、そして耐久性において、高級家具市場におけるステータスシンボルとしての地位を確立しています。



ソファの特徴とデザイン性



De Sedeのソファは、独自の製法と厳選された素材によって、他に類を見ない品質とデザイン性を実現しています。


特に、その革の質感には特筆すべき特徴があります。


使用される革は、主にドイツやスイスの寒冷地で育った雄牛の皮から選ばれ、革本来の強度と美しさを最大限に引き出すため、独自のなめし加工が施されています。


この加工により、革は柔らかくしなやかな手触りと、時間が経つほどに深まる独特の風合いを持つようになります。


製造プロセスにおいても、De Sedeは特別なこだわりを持っています。


各工程は、長年の経験を持つ職人によって一つ一つ手作業で行われ、革製品に求められる精密さと繊細さを実現しています。


例えば、De Sedeのソファに使われるステッチは、ただの縫合ではなく、デザインの一部として機能しており、職人の技術力が集約された芸術作品とも言えます。


デザイン面では、De Sedeは伝統的な手法と現代的なイノベーションを融合させ、機能性と美しさを兼ね備えたプロダクトを生み出しています。


例えば、1972年に発表されたスネークソファは、その斬新なデザインで大きな注目を集めました。


連結式のセグメントを自由に組み合わせることで、空間に合わせた多様なレイアウトを実現できるこのソファは、De Sedeのデザインの革新性を象徴する作品として今日でも高く評価されています。


スイスの老舗ブランドとしての信頼性と、長年にわたる品質へのこだわりが、De Sedeのソファを世界中のセレブリティやエグゼクティブから選ばれる理由です。


一方で、De Sedeの製品はその品質とデザインに見合った価格設定がなされており、新品のソファは数百万円の資金が必要となります。



ケアとメンテナンスの重要性



デセデ製品を長期間にわたって最高の状態で保つためには、適切なケアとメンテナンスが不可欠です。


特に、De Sedeのソファは、特殊ななめし加工を施した上質なレザーを使用しているため、日常のお手入れには注意が必要です。


具体的には、レザー製品に適したクリーナーを使用し、汚れがついた際はすぐに柔らかい布で拭き取ることが推奨されます。


また、定期的にレザー専用の保護クリームを塗布することで、レザーの柔軟性を保ち、ひび割れや乾燥を防ぐことができます。


重要なのは、これらのメンテナンス作業を定期的に行うことで、レザーの質感を長く保つことができる点です。


さらに、De Sedeのソファは直射日光や高湿度を避ける必要があります。


直射日光が長時間当たる環境では、レザーが退色する原因となりますし、湿度が高いとカビが発生するリスクがあります。


これらを防ぐためには、ソファの配置場所を慎重に選び、室内の湿度管理にも注意を払う必要があります。


適切なケアとメンテナンスを行うことで、De Sedeのソファはその美しさを長期間維持できます。


また、定期的に専門業者によるプロフェッショナルなメンテナンスを受けることも、ソファの寿命を延ばすためには有効な手段です。


専門業者によるメンテナンス費用は、一回あたり数万円程度が目安となりますが、これはソファの購入価格やその価値を考えると、十分に投資する価値があると言えるでしょう。


これらのケアとメンテナンスによって、De Sedeのソファは長年にわたって、その魅力を最大限に発揮し続けることができます。


自宅での上質な時間をより豊かにするためにも、適切なケアを心がけましょう。



デセデ(de Sede)とポルトローナフラウの比較





ポルトローナフラウとDe Sedeは、いずれも高品質な家具を提供することで知られていますが、そのアプローチと魅力には顕著な違いがあります。


ポルトローナフラウは、イタリアの豊かなデザイン伝統に根ざし、洗練されたモダンなスタイルを特徴としています。


同社の製品は、革新的なデザインと機能性を兼ね備え、特に現代的な空間設計において重宝されます。


一方、De Sedeは、スイスのクラフトマンシップに深く根差したブランドであり、伝統的な技法による革製品の製造に特化しています。


De Sedeのソファやアームチェアは、選び抜かれた高品質な革と、職人の手による精緻な仕上がりが高く評価されており、その製品は時を経ても変わらぬ美しさと快適さを提供します。


ポルトローナフラウの製品が、よりアート性の高いデザインとモダンな雰囲気を持つのに対し、De Sedeは、革の温もりと質感、そして細部にまで行き渡ったクラフトマンシップによる製品が魅力です。


また、ポルトローナフラウとDe Sedeの価格帯にも違いがあります。


両ブランドともに高品質な家具を提供していますが、De Sedeの製品は、特に手作業による製造プロセスと高品質な材料使用により、高価格帯での提供が多い傾向にあります。


これに対して、ポルトローナフラウは、幅広い価格帯の製品を展開しており、より多様な顧客層に対応しています。


このように、ポルトローナフラウとDe Sedeは、それぞれが異なる魅力と強みを持ち、家具選びにおいては、個人の好みや使用する空間のスタイルに応じて選ぶことが重要です。


どちらのブランドも、高品質な家具の製造において長年の経験と実績を持ち、それぞれが独自の視点からライフスタイルを豊かにする製品を提供しています。



革新を続けるデセデ(de Sede)の企業哲学





デセデ(de Sede)は、スイスの高級レザーファニチャーブランドとして、革新的なデザインと卓越したクラフトマンシップの絶妙な融合を実現しています。


同社は1965年の創設以来、革新を続ける企業哲学を核とし、技術革新や環境配慮、そして持続可能性に重点を置いた製造プロセスに対する深いコミットメントを示しています。


デセデ(de Sede)が提供する製品は、革の選定から裁断、縫製、そして完成品に至るまで、全工程をスイス内の自社工房で行っており、細部にわたる品質管理を徹底しています。


このこだわりは、革製品の耐久性と美しさを長期間保持し、顧客に最高の製品を提供することを可能にしています。


また、デセデ(de Sede)は環境負荷の低減にも積極的に取り組んでいます。


使用する革は、EUの厳格な環境基準を満たした方法で飼育された雄牛の皮のみを使用し、化学物質の使用を極力抑えたなめし加工を行っています。


これにより、製品自体の持続可能性だけでなく、製造プロセス全体が環境に及ぼす影響も最小限に抑えています。


デセデ(de Sede)の企業哲学は、製品の品質だけでなく、顧客との長期的な関係構築にも反映されています。


顧客のニーズを深く理解し、それに応えるための製品とサービスを提供することで、世界中の高級家具市場で圧倒的な信頼と評価を獲得しています。


このように、デセデ(de Sede)は、単に高級家具を製造するだけでなく、革新的なデザインと持続可能な製造プロセスを通じて、ライフスタイルそのものを提案し続けるブランドとして、多くの人々に新たな価値観を提供し続けています。



記事のまとめ





今回の記事では、デセデ(de Sede)の歴史や製品の魅力についてご紹介しました。

以下に、記事の内容をまとめます。


  • スイスで1965年に創立された高級レザーファニチャーブランド

  • 寒冷地で自然放牧された雄牛の皮革を使用している

  • 職人の手による精巧な仕上げにより快適性を追求している

  • アームチェアは卓越した快適性と洗練されたスタイルで知られている

  • ソファは独自の製法と厳選された素材によって品質とデザイン性を実現

  • 革製品特有のメンテナンスが必要で、適切なケアとメンテナンスが長期間の美しさと快適性を保つ秘訣

  • 革新的なデザインと持続可能な製造プロセスを通じて価値を提供している



デセデ(de Sede)家具の買取はカグプロにお任せ下さい!



当社カグプロは、主に神戸・芦屋・大阪エリアで、デセデ(de Sede)を始めとするブランド家具・高級家具に特化した家具の買取サービスを行っています。


これまで4,200人以上の方が、サービスを利用して下さっており、総じて高評価を頂いています。


当社のサービスに関する口コミは、高価買取・不要品買取の一括査定サイト「おいくら」と、買取価格の比較サイト「ヒカカク」で確認することができます。


当社は豊富な取引経験と専門知識により、適正な買取価格をご提案することが可能です。


実際の買取事例については、以下の記事で確認することができますので、合わせてご覧ください。


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page