top of page
  • 執筆者の写真H.T

フィリップ・スタルクの代表作とカッシーナとのコラボ作品



フィリップ・スタルクは、20世紀後半から21世紀初頭にかけてのデザイン界をリードする存在として、その名を轟かせてきました。

彼のデザインキャリアは1970年代から始まり、その後40年以上にわたり続き、家具、照明、インテリア、建築など、さまざまな分野で数多くの作品を手掛けてきました。

中でも、彼の代表作として知られるアイテムや、カッシーナとのコラボレーションによる作品は、革新的なデザインと機能性の高さで特に注目されています。

この記事では、スタルクの代表作とカッシーナとのコラボ作品を中心に、彼のデザイン哲学とその背景にあるストーリーを探っていきます。 



※記事に掲載している画像と文章の内容は、必ずしも一致するものではありません。



フィリップ・スタルクとは


フィリップ・スタルクは、現代を代表するデザイナーの一人として知られています。

彼は、1949年にフランスのパリで生まれました。

フィリップ・スタルクの父は航空エンジニアであり、その影響を受けて何かを生み出す仕事に憧れを抱くようになりました。

18歳でカモンド美術学校を卒業後、彼は自身のデザイン事務所を設立しました。

その後、ピエール・カルダンのブランド会社のアートディレクターとしてインテリアデザインやプロダクトデザインを担当、1970年代にはレストランやクラブ、カフェのインテリアデザインで人気を集めました。

1977年には、彼自身の会社UBIK社を設立し、2年後にはアメリカでスタルク・プロダクト社も立ち上げました。

彼のデザインは、建築から家具、食器、出版物、インダストリアルデザインなど、さまざまな分野にわたっています。

フィリップ・スタルクは、斬新なアイデアと深い洞察力を持ったデザイナーとして、世界中から高い評価を受けています。



フィリップ・スタルクの代表作





フィリップ・スタルクは、20世紀後半から21世紀初頭にかけてのデザイン界をリードする存在として、その名を轟かせました。

彼のデザインキャリアは、1970年代から始まり、その後40年以上にわたり続きました。

この長いキャリアの中で、彼は家具、照明、インテリア、建築など、さまざまな分野で数多くの作品を手掛けてきました。

彼の作品の中で特に注目されるのは、革新的なデザインと機能性の高さです。

スタルクのデザインは、単なる形状や機能を追求するだけでなく、人々の生活や文化、社会に与える影響を深く考慮しています。

このため、彼の作品は時代を超えて愛され続けています。

フィリップ・スタルクが、アレッシィで手がけたレモン絞りジューシーサリフは、彼の代表作の一つとして知られています。


彼はフランス大統領ミッテランの専用室や、パリ・エリゼ宮のミッテラン大統領専用室、レ・アール地区のカフェ・コストなどのプロジェクトにも参加しており、特にカフェ・コストでデザインした椅子「COSTES(コステス)」は、ミッテラン大統領の目に留まり、彼の名を一躍有名にしました。


また、彼は1980年代後半からさまざまな国でホテルの設計を手掛けており、ニューヨークの「ロイヤルトンホテル」や「パラマウントホテル」、ロンドンの「セントマーチンズレーン」、そして最近では「ホテルブラッシュ」や「ホテル9コンフィデンシャル」など、彼の独特なデザインが反映されたホテルが世界中に点在しています。

また、彼の作品は、環境への配慮や持続可能性を重視したデザインも多いことで知られています。

これは、彼が常に「未来のデザイン」を意識して作品を手掛けてきた結果であり、そのため彼の作品は、現代の持続可能なデザインのトレンドにも合致しています。

フィリップ・スタルクの作品は、その独自の哲学と革新的なアイディアによって、世界中の人々から高い評価を受けています。

彼のデザインの歴史を知ることで、現代デザインの流れや背景を理解する手助けとなるでしょう。

彼のデザインは、私たちの日常生活に深く根付いているのです。


フィリップ・スタルクとアサヒビールの関係




フィリップ・スタルクとアサヒビールの関係は、彼のデザイン哲学とアサヒビールのブランドイメージが融合したアサヒビールスーパードライホールによって深まりました。

この建築物は、東京の浅草エリアに位置しており、その独特なデザインは多くの観光客や地元の人々に親しまれています。

このホールの最も特徴的な部分は、「フラムドール」と呼ばれる金色のオブジェです。

このオブジェは、東京スカイツリーの近く、浅草の街を彩るシンボルとして多くの人々に親しまれています。

ビールの泡をイメージしてデザインされたもので、スタルクの遊び心あるデザインが表れています。

また、このオブジェはアサヒビールの「スーパードライ」の品質や味わいを象徴しており、ビールの泡のきめ細やかさやシャープな味わいを表現しています。

スタルクは、この建築物をデザインする際、アサヒビールのブランドイメージや哲学を深く理解し、それを形にすることを目指しました。

その結果、ただのビルではなく、アサヒビールの歴史や哲学、そしてスタルクのデザイン哲学が融合した、まさにアートワークとも言える建築物が誕生しました。

この建築物は、アサヒビールとフィリップ・スタルクとの強い絆や共同作業の成果を示しており、両者の関連性を象徴するものとなっています。




フィリップ・スタルクとカッシーナのコラボレーション


241 PRIVE プリヴェ ソファ: フィリップ・スタルクのマスターピース


出典:Cassina-IXC.



フィリップ・スタルクが手掛けた「241 PRIVE プリヴェ ソファ」は、カッシーナ社の技術と伝統を背景に、最高の素材と最新技術を組み合わせて生まれた逸品です。

このソファは、オートクチュールのような精緻なデザインと、革新的な機能を併せ持っています。

特に、リビングや寝室を自分だけの特別な空間へと変える能力を持つこのソファは、時間や気分に応じて異なる雰囲気を醸し出すことができます。

これは、ソファとしては非常に先駆的なコンセプトであり、カッシーナ社の高度な技術によって実現されています。

このソファのデザインは、シャープな形状とブラックの革張り、そしてクロームのシルバーに輝くフレームのコンビネーションが特徴的です。

フィリップ・スタルクの個性的なデザインが光るこのソファは、その美しさと機能性で多くの人々を魅了しています。


L26 VOLAGE ヴォラージュ ベンチ


L26 VOLAGE ヴォラージュ ベンチは、フィリップ・スタルクとカッシーナの協力によって生まれた作品の一つです。

このベンチは、アルミニウムフレームをベースにしており、その脚部はアルミニウム・ポリッシュ仕上げが施されています。

座部はポリウレタンフォームを使用し、さらにオリジナルのファブリックや革で仕上げられています。

特に、白革やカフェラテ、黒革などの選択肢があり、それぞれの色には独自のカラー番号が付与されています。

このベンチのデザインは、フィリップ・スタルクの特徴的なスタイルを反映しています。

彼のデザインは、空気力学と伝統技術の融合を特徴としており、このヴォラージュシリーズもその一例です。

ベンチの脚部は細長く、磨き上げられたアルミ製で、全体のデザインと絶妙にマッチしています。

また、座部にはクラシカルなボタン留めが施されており、これはカッシーナの伝統的な技術を最新の技術で再現したものです。

総じて、L26 VOLAGE ヴォラージュ ベンチは、フィリップ・スタルクの独特のデザインセンスとカッシーナの高品質な製造技術が融合した、洗練されたモダンな家具と言えるでしょう。


L26 VOLAGE bed ヴォラージュ ベッド・サイドテーブル


出典:Cassina-IXC.


フィリップ・スタルクがデザインした「ヴォラージュ」シリーズのベッドは、空気力学の原理と伝統的な技術を組み合わせて創り上げられています。

このベッドの特徴は、磨き上げられたアルミ製の細長い脚と、カッシーナの伝統を体現するクラシカルなボタン留めが施されたヘッドボードにあります。

このヘッドボードは、最新の技術を駆使して製造されており、そのデザインは刺激的でありながらも洗練されています。

また、このベッドにはクリスタル製のサイドテーブルが付属しており、これは単なるテーブルとしてだけでなく、コンテナとしても使用することができます。

さらに、レザーやファブリックから選べるベンチも同じシリーズの一部として提供されており、ベンチもベッドと同様のボタン留めとアルミ脚のデザインが採用されています。

このヴォラージュベッドは、モダンなデザインと伝統的な技術が融合した、カッシーナのI CONTEMPORARY COLLECTIONの一部として提供されています。


246 PASSION パシオン アームチェア


このアームチェアは、世界的に著名なデザイナー、フィリップ・スタルクによるデザイン作品であり、「パシオン」という名前は「情熱」を意味します。

その名の通り、このアームチェアは情熱的なデザインと機能性を兼ね備えています。

エレガントで端正な形状でありながら、チャーミングな雰囲気を持つこのチェアは、高度な技術による革の仕上げが施されています。

この気品ある佇まいは、プライベートスペースだけでなく、オフィスのミーティングスペースなど、様々な場所での使用にも適しています。

シェル部分には、従来のグロッシー仕上げのほか、新たにマットブラック、マットホワイトのオプションが追加されました。

これにより、より多様なインテリアに合わせやすくなっています。

材質としては、シェル部分にはナイロンを使用し、背座の内側にはポリスチレンサポートとポリウレタンフォーム、そしてファブリックまたは革が使用されています。

脚部分にはスティールパイプが使用され、クロムめっき仕上げやグロッシーブラック塗装仕上げのオプションがあります。



フィリップ・スタルク作品のデザイン哲学



彼は家具から建築、日用品、ボートなど多岐にわたる種類のデザインを手掛けていますが、その多様性は他のデザイナーと一線を画しています。

彼のデザインの背景には、独自の哲学が存在します。

彼のデザイン哲学は、実用性とミニマリズムの2つのコンセプトに基づいており、これらの要素が彼の作品すべてに反映されています。


照明の革新性




フィリップ・スタルクは、照明デザインにおいてもその独自の哲学と革新性を持ち続けています。

彼の照明デザインは、単に部屋を明るく照らすだけの機能を超え、空間そのものをアートとして彩る存在として捉えられています。

その代表例として「CHAPO」が挙げられます。

「CHAPO」は、1962年にイタリアで設立された老舗ブランドFLOSとのコラボレーションによって生まれました。

この照明の名前は、フランス語で帽子を意味する"chapeau(シャポー)"に由来しており、照明本体に帽子をかぶせることで、様々なスタイルや雰囲気を楽しむことができるというユニークな設計がされています。

このように、フィリップ・スタルクの照明デザインは、ただの照明としての役割を超え、空間そのものを彩るアート作品としての価値を持っています。


洗面台デザインの追求




フィリップ・スタルクのデザインは、ただの洗面台としての役割を超え、日常の中での美しさと機能性を追求しています。


水の流れを最適化するための研究に基づいてデザインされており、洗面ボウルの深さや蛇口の位置、水の出る角度など、細部にわたる設計が行われています。

これにより、水は均等に流れ快適に使用することができます。

彼の洗面台デザインには、ユーザビリティに対する深い洞察が反映されています。


また、材料選びにもこだわりがあり、環境に優しい素材を使用していることも特筆すべき点と言えます。


椅子のデザイン哲学



1982年にデザインされた「COSTES」椅子は、特に注目すべき作品の一つです。

この椅子の最大の特徴は、3本の脚を持つことです。

この3本の脚のデザインは、ウェイターが料理や飲み物を運ぶ際に足を引っかけないようにするための配慮から生まれました。

また、この椅子の曲線のフォルムは、見た目の美しさだけでなく、使用者が自然に腕を広げやすい設計になっています。



記事のまとめ



フィリップ・スタルクは、多岐にわたるデザイン分野で圧倒的な存在感を放ってきました。

彼は、デザインする際に使う人のことを徹底的に考えるという哲学を持ち、その結果として実用性とミニマリズムを追求しています。

フィリップ・スタルクのデザインは、彼の哲学や考えが詰まっており、その背景や意味を深堀りすることで、彼のデザインの魅力や深さがさらに理解できるでしょう。

彼の引退は、デザイン界にとって大きな損失となりましたが、彼の哲学や考えは作品を通して今も多くの人々に影響を与え続けているのです。

閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page