top of page
  • 執筆者の写真H.T

【高級家具ブランド】ポルトローナ・フラウの歴史と影響力

ポルトローナ・フラウは、イタリアの高級家具ブランドとして長い歴史を持ち、世界中で高く評価されています。


1912年にレンツォ・フラウによってトリノで創業されたこのブランドは、最初から革製のアームチェアに特化し、イタリア王室御用達の名誉を得るなど、その卓越した職人技とデザインで知られています。


この記事では、ポルトローナ・フラウの創業から現在に至るまでの歴史を紐解きながら、どのようにして、高級家具ブランドの代名詞となったのかを探ります。



ポルトローナ・フラウ設立から現在までの歩み




出典:poltrona frau



「ポルトローナ・フラウ」という名称については、イタリア語で「ポルトローナ」は一人掛けの椅子を意味し、「フラウ」は創業者レンツォ・フラウの姓から取られています。


このブランド名は、レンツォ・フラウが高品質で快適なアームチェアの製造に情熱を注いだことから名付けられました。


レンツォ・フラウは、イタリア・トリノで1912年にポルトローナ・フラウを創業しました。


彼のビジョンは高品質な家具を作ることでしたが、特に革製のアームチェアに可能性を見出し、初作として登場したアームチェアは、独自のデザインとイタリア製の職人技が特徴で、すぐに地元市場で知られるようになりました。


ポルトローナ・フラウの製品は、1926年にサヴォイア家からの正式な指名を受けることにより、イタリア王室御用達への道のりを歩むことになりました。


この大きな成果は、創業からわずか14年後のことでした。


イタリア王室から御用達として認められた背景には、レンツォの製品に対する徹底した品質へのこだわりと、革新的なデザインが評価されたからです。


王室御用達となったことで、ポルトローナ・フラウの名声は一気に国内外に広がり、その後のブランドの発展に大きく寄与しました。


創業から100年以上の時を経て、「ポルトローナ・フラウ」の名は、卓越した品質の高級家具ブランドの代名詞として世界中で認識されており、多くの人々に選ばれています。


ポルトローナ・フラウの製品は、その美しいデザインと機能性で、現代のインテリアデザインにおいて重要な役割を果たしています。


創業以来、このブランドは革新と伝統のバランスを保ちながら、世界の高級家具市場においてその地位を不動のものにしてきました。



ポルトローナ・フラウのグローバルな影響力





カッシーナの関係:イタリアンデザインの名門同士のシナジー



イタリアンデザインというと、その洗練された美学と職人技による卓越したクオリティが世界中で評価されています。


この分野で特に著名なブランドの一つがポルトローナ・フラウです。


一方、1927年創業のカッシーナもまた、イタリアンモダン家具のトップブランドとして国際的な評価を受けています。


カッシーナは特に、革新的なデザインと技術に富んだ家具製作で知られ、ル・コルビジェやフランク・ロイド・ライトなどの巨匠たちの作品を復刻することでその名を馳せています。


これら二つのブランドがどのように関連しているかというと、2005年、カッシーナはポルトローナ・フラウのグループ会社となりました。


この統合により、両ブランドはそれぞれの強みを活かし合い、さらに大きなシナジーを発揮しています。


カッシーナの革新的なデザイン力と、ポルトローナ・フラウの高い品質基準や素材へのこだわりが融合することで、どちらのブランドも新たな創造性を追求し続けています。


このパートナーシップは、両ブランドにとって互いの市場での立ち位置を強化するとともに、新しい顧客層を開拓する機会を提供しています。


カッシーナのデザインとポルトローナ・フラウの製造技術が組み合わされることで、消費者はさらに洗練された製品を手に入れることができるようになりました。


さらに、両ブランドはデザインと機能性を重視する現代のライフスタイルに適応した新しい家具のラインナップを展開し、その結果、インテリア業界内での彼らの地位を一層固めることに成功しています。


このように、ポルトローナ・フラウとカッシーナの関係は、単なる企業合併以上の意味を持ちます。


これは、伝統と革新が結びつき、互いの長所を活かしながら、グローバルな家具市場において新たな価値を創造し続けることを目指す戦略的なパートナーシップです。


両ブランドの歴史とそれぞれの専門知識が融合することで、今後も世界中の多くの家庭に美しさと機能性を兼ね備えたプレミアムな家具を提供し続けることでしょう。



大塚家具とのパートナーシップ



ポルトローナ・フラウと日本の総合インテリア販売大手、大塚家具との間には、長く続くパートナーシップ関係があります。


この連携は、単なる輸入代理店関係を超え、文化とビジネスの架け橋としての役割を果たしています。


大塚家具は家具販売を通じて日本のライフスタイルに革新をもたらすことを目指し、高品質なインテリア製品の提供に力を注いできました。


2006年、両社はパートナーシップを結び、ポルトローナ・フラウの製品を日本市場に広く紹介することに成功しました。


フラッグシップショップの開設


2018年、このパートナーシップはさらなる進展を遂げ、「Poltrona Frau Tokyo Aoyama(ポルトローナ・フラウ東京青山)」フラッグシップショップの開設に至ります。


この店舗は、イタリアの直営店のコンセプトを取り入れた、ポルトローナ・フラウ社の完全デザイン監修下にあります。


店舗では、伝統的な「バニティフェア」アームチェアや「1919」モデルなど、イタリアの家具芸術とも称されるアイコニックな製品を展示しています。


法人向けコントラクトビジネスの展開


大塚家具は、ポルトローナ・フラウとの協業を通じて、法人向けコントラクトビジネスも強化しています。


このビジネスモデルは、高級ホテルや商業施設、公共施設の内装として、ポルトローナ・フラウの製品を提供することを含んでいます。


この取り組みは、ブランドの市場拡大だけでなく、大塚家具の製品ラインアップの多様化と高級化にも寄与しています。


ポルトローナ・フラウと大塚家具とのパートナーシップは、単なる製品の販売にとどま

らず、文化的な価値の交換とビジネスモデルの革新をもたらしています。


この連携は、日本の市場におけるイタリアンデザインの普及と評価の向上に大きく貢献し、今後も両社にとって有益な成長をもたらすと期待されています。



有名自動車メーカーとの関係



ポルトローナ・フラウ、この名前を聞けば多くの人が高級家具ブランドを想像するかもしれませんが、実はこのイタリアの老舗メーカーは、世界の有名自動車ブランドとも深い関係を持っています。


特にフェラーリやアルファロメオとのコラボレーションは、自動車業界においても注目の的です。


フェラーリ


ポルトローナ・フラウが自動車業界に足を踏み入れたのは1986年、ランチア・テーマ 8.32のプロジェクトがきっかけでした。


この車はフェラーリ製のエンジンを搭載しており、内装にもフェラーリの高級感を反映させたいという要望に応える形で、ポルトローナ・フラウのレザーが採用されました。


これが高級自動車メーカーとの初めての大規模なコラボレーションとなり、以後のさまざまなプロジェクトへと繋がっていきます。


フェラーリとポルトローナ・フラウの関係は、特に注目に値します。


フェラーリのダッシュボードからシート、ドアパネルに至るまで、多くの部分にポルトローナ・フラウのレザーが使用されています。


これはただの素材提供にとどまらず、フェラーリの厳しい品質基準とポルトローナ・フラウの職人技が融合した結果、世界でも類を見ない高級車内装が生まれています。


フェラーリとのコラボレーションは、ポルトローナ・フラウにとって自動車セグメントの大きな柱の一つであり、自動車用レザーの約半分を供給しているとも言われています。


アルファロメオ


アルファロメオとの関係も深く、特に159、ブレラ、スパイダーの上級グレードではポルトローナ・フラウのレザーが使用されています。


アルファロメオの車内では、そのスポーティーな外観に合わせて、ポルトローナ・フラウのレザーがエレガントな雰囲気をプラスしています。


このようにポルトローナ・フラウは、アルファロメオの洗練されたデザインと機能性を高めるための重要な役割を果たしています。


ポルトローナ・フラウの家具製造で培われた技術と、フェラーリやアルファロメオといったトップブランドの自動車製造技術が交わることで、ただ乗るだけでなく「体験する」車が誕生しています。


ポルトローナ・フラウは、その卓越した革製品で自動車の内装だけでなく、乗る人の心にも豊かな感動を提供し続けています。


このような家具と自動車の異業種間コラボレーションは、両分野に新たな価値をもたらし、消費者にとっても選択の幅を広げる素晴らしい例と言えるでしょう。



ポルトローナ・フラウ製品の特徴



出典:poltrona frau



チェアの特徴とデザイン性


ポルトローナ・フラウのチェアは、デザインと快適さが融合した製品として知られています。


彼のデザインは、機能性だけでなく美学にも重点を置いており、流れるような曲線と精緻なディテールが特徴です。


これにより、単なる座るためだけの家具以上の価値を持つ、芸術作品のような家具が誕生しました。

この革命的なデザインは、使用される素材の質感を最大限に活かすことで、見た目の美しさだけでなく、座り心地の良さをも実現しています。


アーチボルトの特徴


ポルトローナ・フラウのアーチボルトは、その独特なデザインと卓越した快適さで非常に人気があります。


このチェアの最大の特徴は、上質なレザーの使用とそのフォルムのエレガントさにあります。


アーチボルトは、座面と背もたれに柔らかいパッドがしっかりと支えることで、長時間座っても疲れにくい設計になっています。


また、このチェアは見た目にも美しく、独特のドレープとステッチが施されたレザーが、高級感をさらに引き立てています。


このようなデザインと機能性の組み合わせが、幅広い年齢層に支持される理由です。


製品の多様なラインアップ


ポルトローナ・フラウは、初期のアームチェアデザインから出発し、その製品ラインアップを大幅に拡張しました。


現在では、ソファ、オフィス家具、さらには高級車や航空機のインテリアまで、幅広い製品を提供しています。


この多様なラインアップは、革新的な素材の使用と精緻な職人技に支えられています。


また、ラグジュアリーホテルや公共施設にもその家具が採用されており、国際的にも認知度が高まっています。



記事のまとめ



今回の記事では、高級家具ブランドとして知られるポルトローナ・フラウの創業から現在に至るまでの歴史や、このブランドの影響力の大きさについて取り上げました。


以下に記事の内容をまとめます。


  • ポルトローナフラウは1912年、イタリアのトリノで創業された

  • 創業者はレンツォ・フラウである

  • ブランド名はイタリア語でアームチェアを意味する「ポルトローナ」と創業者の姓「フラウ」から来ている

  • 初期の製品は革製アームチェアが中心であった

  • 革新的なデザインとイタリア製の職人技で早くから認知された

  • 1926年にイタリア王室から御用達指名を受ける

  • 製品は快適さとデザインを重視した高級家具である

  • フェラーリなどの高級車ブランドの車内インテリアにも使用される

  • カッシーナはポルトローナ・フラウのグループ会社



高級家具の買い替えや売却はカグプロへお任せ下さい!




当社カグプロは、主に神戸・芦屋・大阪エリアで、ブランド家具・高級家具に特化した家具の買取サービスを行っています。


これまで4,200人以上の方が、サービスを利用して下さっており、総じて高評価を頂いています。

 

当社のサービスに関する口コミは、高価買取・不要品買取の一括査定サイト「おいくら」と、買取価格の比較サイト「ヒカカク」で確認することができます。


ブランド家具や高級家具の売却・買い替えのために家具の引き取りをご希望の場合は、是非カグプロへご連絡下さい。



閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page